歯列矯正で見た目よく美しい笑顔をつくろう

歯の治療費

歯科の受付と歯科医

歯科の治療費ってどのくらい

歯科にかかるとどのくらいの治療費がかかるのでしょうか。 歯科での治療費は何を治療するのかでも大きく違います。虫歯なのか歯槽膿漏なのか進行具合や治療する本数などでも変わってきます。 また、保険の適用内と適用外の治療費、何が保険の適用で何が適用外なのかもよくわかりません。保険適用内の治療費は一律で決まっていますが、適用外のものは歯科により設定できるため価格の差が生まれます。 治療費を請求されたときに驚かなくていいように、正しい知識を持ち歯科医と相談しながら慎重に治療に臨む必要があります。 軽度の虫歯の場合は、虫歯の進行を予防する目的で行われます。フッ素を塗ったり、詰め物をして歯の溝を埋めたりします。 保険の適用であれば1500円〜3000円 保険適用外であれば5000円〜50000円ほどかかります。

保険適用と保険適用外

保険が適用される治療は、『健康保険の範囲内で治療を受けた場合に患者側の費用負担が0〜3割で受けられる治療で「誰でも平等に同じ費用で悪くなった歯を噛めるようにする」ことを目的とした治療に適用される』と定められています。 保険が適用されない治療は、『歯科医院で独自に決められた治療法に対して、患者側の費用負担が全額となる治療で、「見た目や噛む機能を向上させる」ことを目的とした治療に適用される。治療に必要な歯であっても、健康な歯であっても、より良い見た目にしたり、咬む機能を向上させる場合は、保険診療の対象外になる』と定められています。 現在では、入れ歯やブリッジに代わってインプラントという治療法を行う歯科が増えてきていますが、インプラントは一部を除いて保険の適用外となります。