歯列矯正で見た目よく美しい笑顔をつくろう

日々進化を遂げる治療

状態をみる歯科医

意外にもインプラント治療の起源は古代からあったのです

今では多くの歯科医院でインプラント治療を行っています。その背景からインプラント治療の認知度は高くなっているようです。今では当たり前のような存在になったインプラント治療ですがその起源は古代からあるのをご存知でしょうか。実は紀元3世紀ごろのローマ人の人骨から上あごに鉄製のインプラントがはめ込まれているのが発見されたのです。中南米でも紀元7世紀ごろの人骨から貝で作られたインプラントが発見されたのでした。インプラントというと最近出来た治療法というイメージがありますがこのような古い時代に起源があるということは少し意外かもしれませんね。しかし今のような治療法が確立したのは現代になってからで、1950年代にチタンが骨と結合する性質があることが発見されてから歯科での治療へ発展されていったのです。

今後も進化するインプラント治療

歯科において今では多くの人に認知されるようになったインプラント治療です。 1950年代にチタンと骨が結合する性質を発見してから発展した治療法です。その後世界的に知られるようになったのは1980年代になってからであり、そこから現在に至っております。今では多くの歯科医院で治療を行うことが出来るようになりました。 また現在のインプラント治療は日々進化を遂げているのが大きな特徴です。特に手術時間も進化を遂げているようです。同じ手術内容でも手術時間が短syくされるようになりました。手術時間の短縮は患者に対して体にかかる負担を減らす意味で大きな進歩といえるでしょう。 このようにしてインプラント治療は今後もますます進化して患者にとってメリットが出てくるものと思われます。